プライバシーポリシー
お問い合わせ
私に優しい百貨店 ギフト選びチャート 最新情報ブログ 人気アイテムランキング
イベントインデックス
6F催事場のご案内
美術ギャラリーご案内
グルメセレクション
コスメティックセレクション
ラッキーレイニーデー
営業カレンダー
イベントカレンダー
フロアのご案内
コミュニティースペースのご案内
サービスのご案内
駐車場のご案内・アクセスマップ
会社案内
採用情報
今週のチラシ
MAPPY CARD 入会案内
松菱メールマガジン
JTBトラベランド7階
百貨店ワールド

トップ > ギフト選びチャート > ギフトマナー集

ギフトマナー集

■ブライダル

結納

結納は「結婚」という大きな節目を前に、二人の気持ちを初めて公にする古くから受け継がれてきた日本の美しいしきたりです。
結納飾りの規模や納め(交わし)方などは地方により大きく異なることがありますから、二人の土地柄が違う場合には特に注意します。
基本的には結納を納める側(通常男性側)のしきたりに添ったものを納めれば良いのですが、なるべく女性側の風習に合わせてあげる心づかいも必要な場合があります。
結納の日取りは、昔なら大安吉日を選ぶことになっていましたが、最近は吉日にこだわらない人が増えています。
結納金は一般には、70万円、100万円、150万円、200万円といった、切りのよい額にするケースが多いようです。
一般に松・竹・梅・鶴亀などの水引細工をあしらった結納飾りが多く使われます。五品・七品・九品と奇数が縁起が良いとされています。
また、ご婚儀に際し新婦が初めて嫁ぎ先を訪問するとき、ご先祖や嫁ぎ先へお土産を持参することがあります。
ご先祖に対するお土産としては線香や菓子、新郎側の家族に対してはベルト・財布・傘など、身につけるものが多く贈られているようです。
お土産は一つずつ水引きをかけ、表書きは「寿」にします。下に自分の名前だけを書き、左肩に宛名を書きます。

<宛名の書き方例>
「御先祖様」「御父上様」「御母上様」「御兄上様」「御姉上様」「御令弟様」「御令妹様」

結婚引出物

引出物の目安は、3,000円〜5,000円と幅広いようですが、大体5,000円前後が一般的です。
メインの引出物に、かつお節とハムやお菓子などを付けます。
若いお二人で引出物を選ばれるケースも多く、デザイナーズブランド品が好評です。
また選べるカタログギフトも人気があります。大きくてかさばるものや重いもの、実用的でないものは避けた方がよいでしょう。
最近の傾向としては、お洒落で実用性に富み、いくつあってもよいものを選ばれる方が多いようです。
引出物はひとりひとりに用意する必要はなく、ご夫婦や一世帯で1セットという贈り方でも差し支えないでしょう。

表書き
「寿」「壽」など

結婚御祝

結婚する方へのお祝いの贈り物は、結婚式の1ヶ月前から1週間前までにします。
何にするかは相手の希望を聞くのがベストですが、無理なときは重複してもよいような実用品を。
包丁やはさみなどの刃物は、“ふたりの仲を切る”という意味でタブーです。
披露宴に招かれていない場合は特に決まりはありません。
結婚が分かった時点で出来るだけ早く、結婚式当日より前に贈る場合が一般的です。
何人かで集まって贈り物をするときは、例えば食器のスープ皿、ミート皿などを各自で分担してセットにするというように、テーマを決めて贈る“シャワーギフト”もオシャレです。
一般的に最近は、電化製品・調理用品・食器類などを贈る方が多いようです。

表書き
「御結婚御祝」「寿」「御祝」

結び切りの「のし」は、婚礼などの「1度きり」にしたいお祝事に使用します。

結婚内祝

披露宴に招待しなかった人からお祝いをいただいたときは、遅くとも挙式一ヶ月後までにいただいたお祝いの半額程度のものを目安にお返しをします。結婚内祝の品物は記念に残るようなものや、実用品を中心に選ばれるとよいでしょう。
最近では選べるカタログギフトも人気があります。
食品では、かつお節・コーヒーセット・ハムなど、食品以外では、陶漆器類・タオルセット・綿毛布などを贈られる方も多いようです。

表書き
「内祝」

出産御祝

出産祝いは無事誕生の知らせを受けてから、産後8日目からお宮参りをする生後1ヶ月頃までに贈ります。
身内で1〜2万円、友人知人では5,000円〜1万円、近所のお付き合いなら5,000円前後が目安です。
贈る品物はなるべく実用的なものや数を必要とするもの、新生児用品より1年後以降に使うものの方が重宝がられます。
またお母さんにあてての贈り物も喜ばれるでしょう。
一般的なものとして、紙おむつ・バスタオル・タオルケット・毛布・肌着・食器・アルバムなどが多く贈られているようです。
親しい間柄なら相手の希望を聞いてプレゼントされてもよいのでは?
身内などほど親しい間柄以外は、直接訪問するよりも配送したほうがいいでしょう。

表書き
「御出産御祝」「御祝」など

  • 友人、知人が贈るもの
    洋服、ダッコひも、抱きベルト、マザーズバッグ、一歳前後の肌着、寝巻きなど
  • 数を必要とするもの
    紙おむつ、おむつカバー、バスタオル、タオル、シーツ、肌着、ガーゼのハンカチ、ウェットティッシュ、おしりナプキンなど
  • 育児に関するもの
    育児雑誌一年分、育児日誌、育児書、名入りアルバム、増えるアルバム
  • 赤ちゃんのお母さんに対して
    婦人物の衣装、アクセサリー、オーデコロン、花束、肩掛け、濡れナプキン、前開きブラウス、紅白ワイン
  • その他
    お祝い金、商品券、プリペイドカード

出産内祝

出産内祝はいただいたお祝いの半額相当の品を、生後1ヶ月頃のお宮参りの前後に赤ちゃんの名前で贈ります。のしは「命名内祝」とします。
県内でも朱書きで書かれる場合もありますのでお客様への確認を怠らず特に注意をしましょう。
毛布など縁起をかついで人の上になるようなものを選びましたが、今では特別の決まりはありません。
一般的に赤飯・鰹節・紅白のお砂糖など縁起の良いものや、石鹸・タオルなど日常的に役立つ実用品に加え、ブランド品も人気があるようです。

表書き
「命名内祝」

初節句

初節句は、赤ちゃんが生まれて迎える初めての節句。男の子は5月5日に「端午の節句」を、女の子は3月3日に「桃の節句」を祝います。
お祝いの贈り物は、女の子の場合には妻の実家が内裏びな(男女一対)を贈るのが本来のしきたり。
男の子には特別なしきたりはなく、鎧・かぶとなどの武具飾りや金太郎などの五月人形、鯉のぼりなどを贈ります。
こうした飾り物は、節句の日の1ヶ月前後には届くように。お祝いの席に招かれたら、お菓子やすぐに飾れる人形を。
お祝いをいただいた方へは、「内祝」として一週間以内にお返しを贈ります。
内祝の表書きは、「内祝」「初節句内祝」「御礼」などとし、お子様の名前で。
品物は、砂糖・かつお節・タオルなどが多く贈られているようです。

表書き(お祝いの場合)
「御祝」「初節句御祝」など

七五三

七五三を祝うのは、女の子が3歳と7歳、男の子は5歳だけ。もともと数え年で祝いましたが、満年齢でも構いません。
正式には11月15日ですが、こだわる必要はありません。最近は、兄弟で一緒にやられる方も増えてきました。
お祝いは身内だけでするのが普通。贈り物をする場合は、子どもが身につけるものやおもちゃなどを。
子供の性別・年令を考慮し選ぶようにします。クッキーなどのお菓子類も喜ばれるでしょう。
お返しは、やはり半返しが多いようです。
節句には、ケース入りの人形のように品物でいただく事もありますので、半返しだけにこだわらなくてもよいでしょう。
内祝の表書きは「内祝」などとし、名前はお子様の名前で贈ります。

表書き
「御祝」「賀御髪置」(三歳)、「賀御袴着」(五歳)、「賀御帯解」(七歳)

入園・入学

入園・入学や進学は内々のお祝い事。普通は身内かごく親しい友人知人の間でします。贈るものはそのときどきで記念になるものか学用品など。
金額の目安は、親類なら入園で5,000円、小学校から大学までは1万円が標準。友人知人の場合は5,000円前後で、大学のみ1万円というのが多いようです。
大学入学で一人暮らしを始めるような場合には、電化製品など生活に役立つ実用品を贈ると喜ばれます。
地域によってまちまちですが、子供の数が少なくなってきた今は、入学のお祝いのお返し物をされる方が増えています。
大体半返しぐらいが目安のようです。特にこれといった約束事はなく、いろいろな品が選ばれています。ブランド品が人気です。
いただいた贈り物へのお返しをしない場合もお礼状は必ず。小さいうちは電話で本人からも伝え、中学生からは子供自身でお礼状を書くことも良いでしょう。
内祝のときの表書きは「内祝」「御礼」などとし、お子様の名前で贈ります。

表書き
「御入学御祝」「御祝」など

成人祝

お祝いを贈る場合は、成人式より前に。もしくは20歳の誕生日に成人のお祝いとして贈ってもよいでしょう。
これから社会人として役に立つものや成人の記念として思い出に残る品で、男性には、スーツ・ネクタイ・腕時計など、女性には振袖・バッグ・アクセサリーなどが多く贈られています。
成人のお祝いをいただいたときは基本的にお返しは不要ですが、本人がお礼の気持ちを伝えることは大切なマナーです。
内祝として品物を贈る場合は、成人式以降できるだけ早くお届けします。
かつお節・砂糖・陶器類などが一般的なようです。

内祝の表書きは「内祝」「成人内祝」などとし、本人の名前で贈ります。

表書き
「御祝」「祝ご成人」など

新築内祝

人生の中で何回も新築する人はほとんどいません。だから大切なイベントなのです。
上棟のお引物の目安は、3,000円〜5,000円が多いようです。
上書きは「上棟記念」もしくは「新築記念」。又、上棟とは別に、新居が完成すると身内や親しい友人知人を招いて新築披露します。
家をみてもらうのが目的ですから、開くのは明るいうちに。
お祝いのお返しは、新築披露に招いたら不要。そうでなければ、菓子折りや日用品などを内祝として礼状を添えて。
火に弱いものは、あまり適さないと言われ、鍋、食器などの水の入る品が人気。特に「家・焼かん」のやかんが売れ筋です。

表書き
「内祝」「新築内祝」

新築御祝

新築のお祝いを贈る場合は、何かと物入りのときだけに現金や商品券がベター。品物を贈るときは、インテリア関係ならなるべく先方の希望を聞くのがよいでしょう。
好みがわからなければ、鉢植えや庭木、お酒など。ストーブやライター、灰皿など火に関連のあるものはタブーとされています。
新築披露に招かれたときは、招待日の2〜3日前までに品物が届くようにしましょう。掛け時計・スリッパ・花瓶などを贈られる方が多いようです。
開店のお祝いを贈る場合は、縁起の良いものか、先方の希望を聞いて店の雰囲気にあうものを。開店前までに届けるようにしましょう。
花や観葉植物・掛け時計などがよく贈られています。

表書き
「御新築御祝」「御開店御祝」「御祝」など

快気祝(内祝)

お見舞いの方々へ、おかげさまで〜 と感謝を込めて贈る、いただいたお見舞いへのお返し。
お返しの目安は、だいたい半返し(お見舞いをいただいた金額の半額)前後が一般的のようです。
「病気が残らないように」という意味で、お菓子やコーヒー・紅茶・砂糖、石鹸など後に残らないものが最適とされています。
最近ではタオル・毛布などの繊維製品をお選びになる方も増えているようです。
表書きは「快気内祝」とし、水引は紅白の結び切り、名字のみをお入れするのが一般的です。
「もう2度と病気はしたくない」という贈る人の切なる気持ちを託します。
贈るタイミングは退院、床上げをしてから10日以内に先方へ届くくらいがいいでしょう。

表書き
「快気内祝」「快気祝」「内祝」など

御見舞

お見舞いは入院直後や手術前後は避け、家族の方などに様子をうかがい、病状が落ち着いた頃に訪ねる方がよく、他の患者さんの迷惑にならないよう配慮し、長居しないように心がけるものです。
相手の病状次第では直接のお見舞いは避けた方がベター。一般的なお見舞いの品物は「花」「果物」ですが、鉢植えは「根つく」が「寝つく」に通じ嫌われます。
シクラメン、椿など縁起が悪いとされる花や香りがきつすぎるものは避けます。花束を贈る場合あまり大きすぎるものはかえって迷惑になります。花瓶がないことも考え一緒に花瓶を贈るのもよいでしょう。
病気によっては食事の制限もあるので、食べ物を贈る場合は注意していただいてください。身内など親しい間柄なら、パジャマ・タオル・スリッパといった実用的な品を贈る方もあります。

表書き
「御見舞」「お見舞」「祈御全快」など
病気見舞いには「のし」はつけないことになっています。
基本的に無地短冊を使いますが、無地以外では「紅白(のしなし)結び切り」を使います。

長寿祝

長寿のお祝いは、暦が生まれた年と同じ干支に戻る還暦(満60歳、数え61歳)から。平均寿命が延びた現在では、古稀(数え70歳)からを長寿とすることも多いようです。
以後は順に喜寿(数え77歳)、傘寿(数え80歳)、米寿(数え88歳)、卒寿(数え90歳)、白寿(数え99歳)。
還暦のお祝いには、赤ちゃんに戻るという意味と、魔よけの色ということから赤いちゃんちゃんこや頭巾、座布団を贈るのが習わしですが、赤いネクタイやマフラー、ポロシャツなどでもいいでしょう。
年代ごとに基調色があり、70代は紫、80代は金茶、90代は白となっています。
還暦以外はとくに決まったしきたりはなく、南天の箸、桑の木のお椀などが長寿を願う贈り物とされています。
お返しとしては3,000円から10,000円ぐらい、実用品よりは記念品としての価値の高い物を選びます。
時計、置物、花瓶、木製品、など美術工芸的な品が人気です。

上書き
「御祝」「寿」など

厄除け

数え年で男性の25歳と42歳、女性の19歳と33歳は厄年ですが、最近では厄払いという後ろむきなことばを置き換え、壮寿祝として置物や花びん、干支物などの縁起記念品を贈る習慣が増えています。
壮寿祝は、正月から節分の間にされる方が一般的です。
大厄は男性42歳、女性33歳といい、その前年が前厄、翌年が後厄となります。
また後厄が節分で終わると「厄晴れ記念」として内祝の品を配る習慣もあります。
他者を巻き込まないという意味で、食べてしまうものや消耗品がおすすめ。
内祝の上書きは「一九祝」など年齢とかかわる数字を表書きとし結び切りのしで贈ります。

名称

男性

女性

前厄

24歳

41歳

18歳

32歳

本厄

25歳

42歳

19歳

33歳

後厄

26歳

43歳

20歳

34歳

※年齢はすべて数え年

上書き
「一九祝」(女性19歳)・「五五祝」(男性25歳)
「三三祝」(女性33歳)・「六七祝」(男性42歳) など

お中元

<贈る時期>
一般的には、関東では7月上旬くらい〜15日の間、関西では7月15日ぐらい〜8月15日ぐらいに先方に届けます。
お中元は、お盆との関係が深く、地域によって時期も違います。
この地域は旧盆の場合が多く、8月15日までに贈ってもいいでしょう。

<贈る品物>
食料品が主流です。ビールやジュース、清涼飲料、そうめんなどの麺類、水ようかん、ゼリーなど、季節にふさわしいものを選ぶ人が多いようです。
また、そうめんや調味料などは、重なっても保存がきくので便利です。
それ以外は、実用品などで毎年決まったもの、例えば石けんセットを届けるなど、先方にも覚えてもらえますし、実用的で喜んでいただけます。
品物を選ぶ際には、先方の家族構成や年齢、趣味や生活様式などを考慮して選びます。産地直送品など先方の好みに合わせてお選びいただいても喜ばれるでしょう。

・「のし」について
表書き
「御中元」「お中元」 <関東>7月1日〜7月15日まで
◎7月15日を過ぎたときの表書き
「暑中御見舞」「暑中お伺い」
◎8月に入って立秋を過ぎてしまったときの表書き
「残暑御見舞」「残暑御伺い」
<関西>7月15日〜8月15日まで

お歳暮

<贈る時期>
お歳暮は、歳の暮れに、日ごろお世話になっている人、親戚・友人などに、「ありがとう」の感謝の気持ちを込めて贈り物をする習慣です。
以前は、贈る時期は、12月13日〜年末とされていましたが、現在では早くなってきています。
本来12月に入ってから12月20日までくらいに届くようにした方が無難でしょう。
ただし、鯛や数の子などの正月用品は年末ぎりぎりに届くようにします。
先方の都合をたずねて持参するのが正式なマナーですが、忙しい年の暮れでは迷惑にもなりかねません。そこで送りで注文され、お客様から先方に送り状を出す場合が多くなります。
もし、持参する場合、玄関先であいさつだけすませるか、部屋に通されても、長居はしないようにするのが常識です。
一年を締めくくるあいさつの意味から、お中元とお歳暮のどちらか一方をと思う方は、お中元をやめてお歳暮を贈る方もあります。お中元だけを贈るということはあまりありません。
職場の上司に贈るときは、職場のルールに従います。お中元やお歳暮を虚礼として廃止している会社もありますので、季節の贈答は、ほかの同僚に合わせて一人だけ目立つようなことのないようにお品選びをします。

<贈る品物>
食料品が多いようです。正月をひかえているので、おせちに利用できる昆布、しいたけ、数の子、ハム・ソーセージ、産地直送品、酒類などが好んで選ばれます。
年末年始は、旅行などで長期留守にする人もいるので、日持ちがしないものを贈るときは注意が必要です。
送る側は送り状を出し、贈られたらお礼状を出します。また、本来お返しは不要です。

・「のし」について
表書き
「御歳暮」「お歳暮」

香典返し

月収の3〜4%ぐらい。相手が親類の場合は2、3万円、知人なら5,000円〜1万円が相場のようです。
香典返しは亡き方の供養になります。香典返しには、故人の冥福を祈って仏前に供えられた先様の気持ちに心をもって返礼し、おかげで故人を供養するための行事も無事に終えることが出来ました、という報告の挨拶が込められています。
一般的に仏式の場合、四十九日の法要後すぐに忌明けの挨拶として香典返しをします。お返しは、香典の額の半返し程度の品物を。高額の場合は3分の1返しでも構いません。
お菓子、お茶、海苔、タオルといった日用品を3段階くらい用意し、金額に応じて贈るようにしましょう。

表書き
「満中陰志」「志」など
仏事・不祝儀は、結び切りになっています。

法事

年忌法要は、亡くなった翌年の祥月命日(死亡日と同月同日)に一周忌、2年目の三周忌(亡くなった年も数える)のあとは、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌と続き、一般には「弔上げ」となる三十三回忌を最終法要とします。
お供えは香典の半額を目安に。参会者に渡す引出物の目安は、葬式で2,000円〜3,000円、法要で2,500円〜3,000円、新盆で1,200円〜2,000円が多いようです。
引出物としてはやはり実用品が一般的です。海苔・お茶などのほか最近ではクッキーやあられなど日持ちするお菓子類も良く使われています。特に相手の好みは気にされなくても良いでしょう。

仏事・不祝儀用は、結び切りになっています。